レンタルサーバーを選ぶときのハードディスク容量

レンタルサーバーを選ぶときのハードディスク容量

レンタルサーバーを契約するとき、ハードディスク容量と月額料金を基準に選ぶのは、スペックとコストを天秤にかけた上での選択なので、概ね問題ないように思えます。

ですが、レンタルサーバーの運用をいったん開始すると、途中でのサーバーの引っ越しは大変な作業になりますので、サーバーや業者の選定は慎重に行いたいものです。

ドメイン取得情報をお届けします。

スペックとコストで選ぶにしても、サーバー利用の目的によっては、そもそもハードディスク容量よりも重要な要件がある場合があります。

というのも、レンタルサーバーを選ぶ際には、ハードディスク容量はスペック上の重要な要素の一つには違いないのですが、通常のホームページやブログといったコンテンツであれば10ギガバイト単位の容量は概ね必要とならない場合があります。
このような場合はハードディスク容量よりも、サーバーのCPUやRAM(メモリ)の容量のほうが重要です。


というのも、ハードディスク容量は、同じ業者のサーバーであればプランの変更などで増量が出来ますが、CPUやRAMといったスペックの変更は、別のサーバーにコンテンツを移転する必要があるため、プランの変更では間に合わない場合があるからです。
CPUやRAMをアップグレードしたい状況となると、これらの変更はときに業者を変更せざるを得ない場合もありますので、CPUやRAMは、途中での変更は原則的に不可能だと考えるのが現実的でしょう。



そのため、契約時の決定が後々に大きく影響するという意味では、CPUやRAMはハードディスク容量よりも遥かに重要な要素です。

BIGLOBEニュースが勢いに乗っています。

  • サポート情報

    • ネットショップの開業やゲームの攻略wikiなど、新しくホームページの運営を考えている時はサーバーについて考える必要があります。サーバーは作成したホームページを公開する場所で、サーバーにホームページを公開することで世界中の人に閲覧してもらうことができます。...

      detail
  • 最新情報

    • レンタルサーバーの選び方の基本は、まずは自分が作成しようと思っているホームページに応じたスペックを備えているかが重要なポイントとなります。どんなに安いレンタル料金でも思い通りのページが作れなければ意味がありませんので、レンタル料金と性能を総合的に考えてコストパフォーマンスで決定しましょう。...

      detail
  • わかりやすい情報

    • レンタルサーバーを使いたいと思ったときには、様々な会社があるので迷ってしまうかもしれません。それぞれの会社のサービスを比較するときのポイントとしては、マルチドメイン、サブドメイン、データベース、転送量、容量などを挙げることができます。...

      detail
  • 身に付けよう

    • レンタルサーバーの利用料金を少しでも安価に済ませたいと考えているのなら共用サーバーを選択する事から始めましょう。そもそも、安く済ませるために共用サーバーを選ぶべき理由はメモリなどに使用制限が設けられている事が関係しています。...

      detail